JAMESON

ジェムソン
スムースで癖がなく、万人に愛される味わいです。
アイリッシュウイスキーとしては世界一の売上を誇ります。

MACALLAN DOUBLE CASK

マッカラン ダブルカスク
ヨーロピアンオークとアメリカンオークの2種の樽を使用しながらもシェリー樽原酒100%というユニークな1本。

ザ・マッカラン ダブルカスク12年

人気のマッカランから新アイテム登場。
12年以上熟成させたアメリカンオークシェリー樽原酒とヨーロピアンオークシェリー樽原酒を合わせたコチラ。滑らかな香りと甘みが特徴です。

EAGLE RARE 10年

イーグルレア10年
バッファロートレース蒸留所で作られるシングバレルバーボン。
サンフランシスコ品評会にて7年連続の受賞歴を誇ります。

HIGHLAND PARK12年

ハイランドパーク12年
スコットランドの北部、オークニー諸島で作られるシングルモルトです。
著名なウイスキー評論家が掲げる世界6大モルトの1つとして数えられています。

ARDBEG KELPIE

 アードベッグ ケルピー
アディゲ共和国産のヴァージンオーク樽を用いた新商品です。
ケルピーとはアイラ島近海に住まうとされている伝説の海の精。

CHIVAS REGAL MIZUNARA

 シーバスリーガル ミズナラ
日本人の味覚に合わせ、日本原産のオーク材であるミズナラを使用しており、バランスよく滑らかな味わいの1本です。

カバラン シェリーオーク

2008年創業の2年後には、世界各国でさまざまな賞を受賞し瞬く間に人気となりました。
シェリー樽特有の芳醇な台湾産シングルモルトウイスキーです。
人気のおかげ⁈ か…仕入れ値が上がる為、ティン佃では今ある限りで販売見送ります。今なら現価格でご提供。お早めに。

Ardmore 2001

 アードモア2001

ナッティーで香ばしくコクのある甘みが特徴的なボトラーズの1本です。

Dimple12年

 ディンプル12年
歴史あるブレンデッドスコッチ。
ボトルに巻かれたワイヤーは発売当時、輸出品が荒波の航海でコルク栓が飛び出してしまわないようにしていた事が始まりです。

WILD TURKEY RYE

 ワイルドターキーライ
口当たりが良くしっかりとしたコクとスパイシーさのある評価の高い著名なライウイスキーです。

Royal Household

 ロイヤルハウスホールド
イギリス王室御用達の認定を受けた最高級スコッチウイスキー。
一般に飲めるのは日本だけと言われています。

Canadian Club

 カナディアンクラブ
ライ麦を中心とした原料構成となっており、またプレブレンディングと呼ばれるベースウイスキーとフレーバリングウイスキーをブレンドする手法も用いています。

I.W.HARPER12年

 I.Wハーパー12年
世界初の12年熟成のプレミアムバーボンとして登場。
I.Wはハーパーの生みの親、アイザック ウルフ バーンハイムの頭文字を取ったものです。

OLD OVER HOLT

 オールドオーバーホルト
ライ麦を主原料としたライウイスキーです。
甘みとコクがあり素朴な味わい。
カクテルベースにも使われることの多い1本です。

KNOB CREEK

 ノブクリーク
特別なオーク材の樽を使い9年というバーボンとしては長い熟成を経てボトリングされる「スモールバッチバーボン」です。

Makers'Mark

 メーカーズマーク
原料には冬小麦が使われている為柔らかく独特な味わいに仕上がっています。
何と言っても特徴はボトルごとに異なる封蝋です。

BOOKERS

 ブッカーズ
プレミアムバーボンの頂点とも言われ、熱烈なファンの多い事で知られています。
製法の都合上、ロットごとにアルコール度数や味わいが異なることも魅力の1つです。

THE DUBLINER

 ザ ダブリナー
リフィルバーボン樽で3年以上の熟成。
まろやかで芳醇な香りのアイリッシュウイスキーです。

TOMATIN CU BOCAN 2005

 トマーティン ク ボカン 2005
リフィルバーボン樽とオロロソシェリー樽で11年の熟成の後ヴァッティングされた1本です。日本限定300本

LAPHROAIG10年

 たまにはスタンダードなウイスキーのご紹介を。
「ラフロイグ10年」
アイラ島でも最南部に位置し、強烈で個性的なピート香を持つアイラウイスキーです。

キルホーマン マキヤーベイ

 2005年にアイラ島に誕生した蒸留所です。マキヤーベイとは蒸留所からほど近いビーチの名前です。
リクエストがあったので再入荷です。

BOWMORE12年

 「ボウモア12年」
アイラ島最古の蒸留所であり、アイラモルトの女王と呼ばれます。
まさに定番の1本です。

THE FAMOUSGROUSE

 ザ フェイマスグラウス
雷鳥のラベルで知られるブレンデッドウイスキーです。
キーモルトはマッカランやハイランドパーク、シェリー樽原種の芳醇な味わいです。

Arran 16年

正規の蒸留所から買い付けて独自に別業者が瓶詰めしたボトル、いわゆるボトラーズブランドと呼ばれるものです。
通常のアランとはまた違った味わいをお試しください。

山崎12年

1984年からリリースされている日本の定番ウイスキーです。
ラインナップの中でもやはり12年が王道と言われています。

THE GLENLIVET 12年

たまには有名どころのウイスキーのご紹介を。
最古の政府公認蒸留所であり世界で2番目に売れているシングルモルト。
すべてのシングルモルトウイスキーはここから始まったという謳い文句も知られています。

クロフテンギア

クロフテンギア
クロフテンギア

ロッホローモンド蒸留所で作られる7種類の銘柄の内の一つです。

ピートの効いた独特な味わいのシングルモルトです。

ウルフバーン オーロラ

ウルフバーン オーロラ

久しぶりの新顔です!

3年という短い熟成ながらもしっかりとした味わいを楽しめます。

グレンリヴェット12年

言わずと知れたシングルモルト!

政府公認の蒸留所としても有名です!

ハイランドパーク12年

かの著名なウイスキー評論家が最高得点をつけたことで有名なウイスキーです。

非常にバランスのとれたシングルモルトウイスキーです。

イーグルレア

アメリカの国鳥である「鷲(イーグル)」と「稀な・特別な」という意味の「Rare(レア)」を商品名に冠しています。厳選された10年貯蔵の樽から1本1本手作業にてボトリングしたプレミアム・シングルバレル・バーボン・ウィスキーです。

オールドパー シルバー

かつてスコットランドを襲った大寒波の影響で、蒸留所の外に置いてあった樽が氷点下に冷やされたところ、スムーズでまろやかな原酒となりました。その味を近年再現し発売。
オールドパー12年に比べ、優しい味わいを活かし、さっぱりとソーダ割りがオススメであります。

ジョニーウォーカーグリーンラベル15年

先日発売したばかりです。
「ジョニーウォーカーグリーンラベル15年」
タリスカー、カリラ、リンクウッド、クラガンモアの4つのキーモルトにグレーンを使わないブレンデッドモルトです。

タリスカーストーム

ペッパー等のスパイシーな部分を強調したタリスカーストーム。
コチラをさらに引き立てる為、ピートでスモークした黒胡椒をかけてのハイボールに…
タリスカー独特の潮の風味に黒胡椒の刺激が、まるで嵐のように押し寄せてきます。

夏のハイボール

フリーザーでキンキンに冷やしたグレンモーレンジ。銅のマグカップを使ってハイボールで!

GLENTURRET10年

ハイランド最古と言われ、ウイスキーキャットのタウザーが有名な蒸留所です。

オールドパーシルバー

オールドパー12年よりもすっきりした味わいです。暑い日にさっぱりとハイボールでいかがでしょうか?

LAGAVULIN 8years

200周年記念ボトルの入荷です。
8年と若いながらも良い仕上がりになっています。

オレンジピールのバーボン

エイシェントエイジにオレンジを漬け込んでいます。コクと甘みの増した一杯です!

レモンピールのバーボン

レモンのピールを漬け込んだオールドグランダッドです。これからの暑い季節にピッタリ!
ソーダ割りで爽やかに!

タリスカーのミル

入手しました。近々、お披露目します!

ジャックダニエル キャンペーン中!

ジャックダニエル1杯ご注文でクジを1枚引いて頂き「アタリ」が出たらジャックダニエルグッズを差し上げています。
ぜひチャレンジしてグッズをゲットしてください!

アードベッグ ダーク コーヴ

アードベックダークコーブ

ダークシェリーのカスクで熟成された一風変わったアードベッグです。

ぜひお試しを。

ウルフバーン

ウルフバーン
スコットランド最北の地で造られるウイスキー「ウルフバーン」
2013年創業。2016年5月初リリース。

シングルモルト余市 ヘビリーピーテッド

新入荷のご案内です。

 

シングルモルト余市 ヘビリーピーテッド

 

余市モルトの中でも最もピートが強い原酒を集めヴァッティング。

新樽熟成のヘビーピートモルトをキーモルトとし、しっかりと厚みのある味わいに仕上がっています。

 

スモーキーでソルティな余市モルトらしさをさらに力強く個性的に、長い余韻も楽しめます。

 

数量限定発売につき限りがあります。お早目に。

オールドパー シルバー

新入荷のご案内です。

 

オールドパー シルバー

 

スコットランドを襲った大寒波の夜に蒸留所の外に置き忘れられた樽。

極寒の中、冷やされることでまろやかな味わいになった偶然の発見から誕生しました。

-6℃の冷却濾過によりライトでスムーズ。飲みやすく柔らかな余韻が楽しめます。

 

今回は冷凍庫でキンキンに冷やしハイボールでのご提供です。

 

上流階級の社交場には欠かせないウイスキー「オールドパー」その味わいは、吉田元首相をはじめとする歴代の名士に愛され続けています。

 

新アイテムとして加わったシルバー、また一つ歴史に刻まれることになるでしょう。

グレン・グランド19年

新入荷のご案内です。

 

ジェームス・マッカーサー社のオールド・マスターズシリーズの中からこの一本。「グレン・グランド19年」をご紹介します。

 

ボトラーズのジェームス・マッカーサー社はスコットランドのあまり知られていない蒸留所のカスクストレングス(樽出し)ウイスキーの知名度を上げる事を目的として1982年に創業。「スモール・イズ・ビューティフル」をモットーとしています。

 

グレングランドの蒸留所があるスペイサイドの小さな町ローゼスは、海とガ-マス港に近く、南側にはスペイ川が流れ、大麦が育つ豊かな平原に囲まれています。

ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝氏が以前スコットランド留学時に訪れた記録が残されていました。

 

フルーティーで甘いバニラの香りとスムーズな味わい。樽出しの59.4度。

カバラン シェリーオーク

新入荷のご案内です。

 

カバラン シェリーオーク

 

台湾産シングルモルトウイスキーです。

雪山山脈の水を使用して、原料から製造までをすべて台湾国内で行っています。

 

カバランとは、台湾北東部の雪山山脈を東に下った場所に位置する宜蘭・蘭陽平野の先住民の呼び名。

 

2008年に創業しわずか2年後の2010年、ウイスキーの本場スコットランドで開催された「バーンズ・ナイト」のテイスティング大会で地元銘柄を抑えて圧勝し、その実力が本物であることを証明しました。

 

重厚で深みのあるレーズン色。 

ドライフルーツ、スパイスとアーモンド、オークとバニラが醸し出すなめらかな香りに濃厚で滑らかな味わいです。 アルコール度数は46%。

シェリーカスク特有の風味がお楽しみいただけます。

 

ウイスキーの常識を覆したカバラン。今、話題のモルトです。

ラーセニー

新入荷のご案内です。

 

ラーセニー

 

オールドフィッツジェラルドのスモールバッチ品です。

オールドフィッツジェラルドとはケンタッキー州ルイヴィルにある大手蒸留所でしたが、現在はヘヴン・ヒル蒸留所にて創業当初からの伝統を重んじる生産を委託しています。

そしてスモールバッチとは厳選された10樽以下の樽の原酒をブレンドし瓶詰されたウイスキーの事。

つまりは造られたウイスキーの中でもより良いものだけを集めた高品質品なのです。

ここ近年そのフィッツジェラルドが終売となり今では貴重なバーボンとなりました。

 

まろみのある柔らかな味わいでライトな印象です。

選び抜かれた極上の味わいを是非お楽しみください。

ミクターズ スモールバッチ

新入荷のご案内です。

 

ミクターズ スモールバッチ

 

1753年、アメリカで最初の蒸留所として創業。

当初はペンシルバニア州シーファーズタウンでドイツ系移民の子孫ジョン・シェンクによって始まり1860年エイプラハム・ボンバーガーに所有権が移ります。

その後ミクターズ蒸留所となり1988年に一旦閉鎖。

ケンタッキー州ルイビルに拠点を移し、採算度外視の姿勢で創業以来から高いレベルの味わいを保っています。

大統領になる前のジョージ・ワシントン将軍が立ち寄り飲んだ逸話もある歴史ある作り手です。

 

プラムやチェリー、バランスの取れたバニラとキャラメル香とオークの樽香。芳醇な香りが素晴らしい一本です。

バルヴェニー 14年 カリビアンカスク

新入荷のご案内です。

 

バルヴェニー 14年 カリビアンカスク

 

スコットランドのスペイサイド地区にあるバルヴェニー蒸留所。

自社で原料の大麦を育て、麦芽を製造している唯一のシングルモルトウイスキーの蒸留所です。

蒸留器は住み込みの鍛冶職人によって維持され、樽職人たちが樽の状態を完璧に保ち高品質なウイスキーを日夜造り続けています。

 

伝統的なオークのウイスキーの樽で14年間熟成させた後、厳選されたラム樽で追熟。蜂蜜の風味と熟成感のある芳香。

バニラと甘美なオークの風味と徐々に染み渡るフルーツの風味を帯びた均整のとれた味わい。

 

随所にこだわりをみせるバルヴェニー、一度お試しください。

セントジョージ ブレーキング&エンタリング

新入荷のご案内です。

 

セントジョージ ブレーキング&エンタリング

 

1982年カルフォルニア州サンフランシスコで創業したセントジョージ スピリッツ社。

ケンタッキー州の様々なバーボンを研究し自身の創意工夫でウイスキー造りをしてます。

 

バーボンを名乗れるのはケンタッキー州産でなければならず、こちらのウイスキーはカルフォルニア州産なのでアメリカンウイスキーとなります。自社蒸留の5~7年熟成した80もの樽をブレンド。

 

メープル、シナモン、バナナ、クローブ、チェリーコーク等の香りでライトフルーティーの滑らかな味わい。

 

ブレーキング&エンタリングとは不法侵入の意味。

正統派ではないかもしれませんが、美味しさを追求してこの味に。というちょっと珍しいウイスキーです。

ラフロイグ トリプルウッド

新入荷のご案内です。

 

ラフロイグ トリプルウッド

 

アイラモルトで有名なラフロイグからちょっと変わった一品。三種類の樽で寝かせた変わり種。

 

一つ目は従来のバーボン樽、

二つ目はクォーターカスク(1/4サイズの樽)通常の樽より小さい樽で熟成することで、樽と原酒の接地面を増して熟成が早まるのが特徴です。

三つ目はシェリーカスク。オロロソシェリー樽で華やかな甘さを纏います。

この三つの樽熟を経て素晴らしい味わいになりました。

 

メープルシロップのような甘さとスモーキーな香りに海藻や潮の香りが混ざり合い、口当たり滑らかでラフロイグ特有の薬臭さとスパイシーな刺激も残りつつ薫香が長く続きます。

 

それぞれの樽の良さを身に付けたラフロイグ、おすすめです。

ノブクリーク シングルバレル

新入荷バーボンウイスキーのご案内です。

 

ノブクリーク シングルバレル

世界的なコンペティション「ISC」最高賞と金賞受賞今まで日本未発売だったノブクリークバーボンのシングルバレル。

昨年12月日本新発売になりました。

 

当店にもありますノブクリークのスタンダードとはまた違いシングルバレル(単一樽からのみボトリング)はアルコール60度と高いのですがシルキーかつ濃厚でリッチな滑らかさとキャラメルのような甘みが楽しめます。

さすが世界の頂点に立ったバーボンだけはある飲み応え。

 

9年以上の熟成原酒由来のバニラ香とかすかなスモーキー香が

心地よい余韻として感じられる味わいが特長です。

アードベック ウーガダール

新入荷のご案内です。

 

アードベック ウーガダール

 

アードベックは言わずと知れたアイラウイスキー。そのシリーズの中から今回入荷しました。。

 

「ウーガダール」とはアードベックの仕込み水を供給している湖の名前。熟成年数の表示がないちょっと珍しいウイスキーです。

 

80年代、しばし封鎖されたアードベック蒸留所。その閉鎖前の古い樽と再開後の新しい樽とをブレンドしたのがこのウーガダールなのです。

アイラ特有のヨード香は健在。50度とアルコールもしっかり。

 

冷え込む今宵、ゆっくりと新旧の樽から織り成す深い味わいをお楽しみください。

オールド ウェラー アンティーク107

新入荷のご案内です。

 

オールド ウェラー アンティーク107

 

バッファロートレース蒸留所の原酒でつくられています。

ライ麦を使わず小麦ととうもろこしが原料穀物。

樽の内側を焦がしたオーク樽で長期熟成させたストレート・バーボン・ウイスキー。

 

107プルーフ、53.5%と高いアルコール度数ではありますが、

優しくまろやかな味わいで香りも芳醇、甘く滑らかな後口が特徴。

 

1849年にウィリアム・ウェラーが創始。

150年以上続く銘柄だけにアンティークなラベルが印象的な一本です。

クライヌリッシュ 15年

新入荷のご案内です。

 

クライヌリッシュ 15年

 

ヴィンテージモルト社のメインブランド「クーパーズ・チョイス」シリーズの中の一つ。

ボウモア蒸留所で20年以上ゼネラルマネージャーを務めたクルック氏が厳選した個々の樽ごとをボトリング。

クーパーズとは樽職人の意味。ラベルにも樽作りの様子が描かれています。

 

淡いゴールド色。滑らかでオイリー。麦芽の甘さと潮っぽさのバランスが取れていてフィニッシュはスパイシーで塩っぽい。

 

クライヌリッシュ蒸留所はスコットランドの北東部、北海に面したリゾート地ブローラにあり、最北の地で製造されているハイランドモルトのひとつ。本土のモルトの中で最も海岸の味わいを持つものと言われています。

ブレアソール12年

新入荷のご案内です。

 

ブレアソール12年

 

ハイランド産シングルモルトウイスキーです。

1798年設立のスコットランド最古の蒸留所のひとつで、1826年に再建され以来ベルのマザーモルトとして有名です。

その蒸留所はハイランドのリゾート地として知られるピトロッホリーの近くにあり、毎年三万人の観光客が訪れています。かつて夏目漱石がロンドン留学中に保養に訪れた場所でもあります。

 

風味豊かでありながらドライ。

深い琥珀色。若草の香り漂うリッチで甘くフルーティーな味わい。

ノアーズミル

新入荷のご案内です。

 

ノアーズミル

 

ケンタッキー州・パーズタウンにあるウィレット蒸留所で造られています。

フランスから17世紀アメリカに移住したウィレット家がブランデーの製法を利用したウイスキー造りを始めその後一族が1936年創業。

名門ですが1981年にいったん廃業しケンタッキー・バーボン・ディスティラーズが2012年に再開。

家族経営で高品質のバーボンを手掛けるパーズタウンでは一番小さな蒸留所です。

蒸留所の敷地内にある湧水を使用し、初溜が一般的な連続式蒸留器で再溜が単式蒸留器で行います。

 

4~18年の熟成の原酒をブレンドしたスモールバッチバーボン。57.15%と高いアルコール度数の為しっかりとしたバーボンの味が感じられます。

 

2011年、サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティションでダブルゴールドメダル受賞。最高金賞つまりバーボンの最高峰に輝きました。

燻酒

新入荷のご案内です。

 

燻酒

 

アイラ産のシングルモルトを厳選。キリッとした飲み口にこだわって50度でボトリング。

 

こちらをソーダで割って「アイラ・ハイボール」としてご提供します。

 

淡いレモン色で潮の香りとヨード香、強烈な薫香が素晴らしく、フルボディで甘口かつオイリー&スモーキーな余韻。

 

ソーダで割ることで清涼感と樽香を楽しむ事ができます。これはもう病み付き必至かと。

 

クビッと飲める尖ったハイボーラーの為のウイスキーです。

ブロークン・ベル

新入荷のご案内です。

 

ブロークン・ベル

 

カルフォルニアの有名酒専門店チェーン「BevMo!(ベブモ)」等で人気を博し、アメリカのみで少量流通すつ希少銘柄。原酒はジムビームから供給。

 

スモールバッチ(少量生産)の典型とも言えるバランスの良い味わい。スムーズでありながら少しスパイシーで、飲みやすい。

 

少量流通の為、日本で見かけることが少なくちょっと珍しいのバーボンなので、これを機に是非試してみでください。

イーグル レア キャンペーン

キャンペーンのご案内です。

一杯につきクジを引いて当たり!が出たら素敵な景品がもらえます。

 

イーグル レア 10年

 

本場ケンタッキーの風土でじっくり熟成されたプレミアム・バーボンウイスキーです。

アメリカの国鳥である「イーグル・鷹」と稀な・特別なという意味の「レア」を商品名に冠しボトルも特別に日本仕様で製造された特注品。

 

厳選された10年貯蔵の樽を一樽ごと丁寧に手作業でボトリング。

ドライな味わいに加え、コーンの甘さが情熱的で官能的な余韻として長く続きます。

 

このイーグルレアで当たる!景品は、プレミアム携帯アロマストラップ。

お好きな香りをいつも感じられるストラップです。当たり確立大です。

ザ・ニッカ 12年

新入荷のご案内です。

 

ザ・ニッカ 12年

 

9月30日新発売。

重厚で力強く、ピートの香りたつ個性的な余市モルトと華やかでフルーティー、軽やかで宮城峡モルトを甘くまろやかなカフェグレーンがふんわりと包み込むブレンデッドウイスキーです。

モルトベースのしっかりした熟成感と、とろりとしたメローなコクが溶け合い心地良い余韻へと続きます。

 

創業者である竹鶴政孝氏とリタ夫人の物語、

NHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」も放送が開始され盛り上がるニッカウイスキー。

脈々と受け継がれる技術と伝統が織り成す一杯です。

ブルーハンガー 9th

新入荷のご案内です。

 

ブルーハンガー 9th

 

ベリーブラザーズ&ラッド社がリリースしているブレンデットモルトの第9弾。当店で以前、第4弾を仕入れてからの久しい入荷です。

ブナハーブン、クライヌリッシュ、グレンエルギン、リンクウッドがブレンドに使われています。

 

根底の香りはスモーキー。そしてバニラ、スパイス、オレンジブロッサムの香り。丸みがあり豊かに熟した果実味の風味にバニラとスモーキーさが勢いを増します。

 

ボトリングのベリーブラザーズ&ラッド社(BBR)は1698年創業の歴史ある酒商。カティーサークの発売元として有名です。

ブルーハンガーとは、BBR社の上顧客であったウイリアム・ハンガー卿が好んで着ていたブルーのジャケットに因んで名付けられました。 

 

優美でレアなモルトを融合させた究極のモルトウイスキー「ブルーハンガー」

少しばかり…贅沢なお酒です。

レベッカ

新入荷のご案内です。

 

レベッカ

 

ヘブン・ヒル社で蒸留された原酒をザ・クオリティハウス・ディスティラー社が10年以上熟成させたバーボンウイスキーです。

 

イギリスの女流作家ダフネ・デュ・モーリアの小説「レベッカ」をヒッチコックが映画化。ヒッチコックがハリウッド進出の為の第一作がこの映画レベッカです。

アカデミー賞にノミネートされ受賞は逃したもののアメリカはもとより世界で高い評価を受けました。名前の由来はここからきていて、ラベルの女性が主人公のレベッカです。

 

口当たりはマイルドで甘みがあり香りも柔らかい。全体のバランスがよく飲み手を選ばないバーボンらしい一本です。

 

終わりゆく晩夏の夜の一杯にいかがでしょうか。

ウッド フォード リザーブ

新入荷のご案内です。

 

ウッド フォード リザーブ

 

ケンタッキー州最古の蒸留所である、ウッドフォードリザーブ蒸留所のマスターディスティラーが創り出すアルコール度数43度のスーパープレミアム スモールバッチ(少量生産)のバーボンです。

 

石灰岩のブロックで建てられた独特の貯蔵庫を使用し、オーセンティックでゆっくりとした均一の熟成を重ねることで生まれる、並外れてなめらかな味わいが特長です。

 

極めて優れた品質と伝統の味わいから発売後、瞬く間に最高級ウイスキーとして名を馳せ数々の賞を受賞。ケンタッキー・ダービーの公式バーボンでもあります。

 

ストレートでもロックでもソーダ割りでもお好みで。

もしくはケンタッキー・ダービーに因んでミントジュレップでもご用意致します。

ワッセンズ

新入荷のご案内です。

 

ワッセンズ

 

チャールズ・メドレー社で創られるシングルバレルバーボンです。

1812年創業のメドレー社が前身。数社の買収を経て、メドレー家7代目のチャールズ・ワッセン・メドレーが1996年熱き思いで、息子のサミュエルと共にメドレー社を復活させチャールズ・メドレー蒸留所として再出発をしました。

 

先祖代々受け継がれている秘蔵のイースト菌を用い、ほとんそ家族で手作り蒸留を行っています。

バランスの取れたキレのある味わいと上品な香り。

 

バーボン造りに情熱を傾けている名門家が織り成す素晴らしい逸品です。

ザ・ネイキッド グラウス

新入荷のご案内です。

 

ザ・ネイキッド グラウス

 

「ザ・フェイマスグラウス」から発売しました。

ザ・フェイマスグラウスはスコットランドでも高い人気を誇るブレンデットウイスキーです。

グラウスとは英語で雷鳥。スコットランドの国鳥に指定されています。

 

1897年にグラウスとして発売。

瞬く間に人気となり「有名な雷鳥のウイスキー」と呼ばれ、そこからザ・フェイマスグラウスと名前を変えたそうです。

 

今回そのフェイマスグラウスから登場したのがこのネイキッドグラウス。

 

フェイマスグラウスを希少なファーストフィルのシェリー樽で4年以上後熟。

 

ハイランドパークやマッカランをキーモルトにしたブレンドは、シェリー樽からくる鮮やかな甘さが魅力的な味わい。

ウイスキーの琥珀色を楽しめるよう、透明なボトルデザインがまた美しいです。

トマーティン 18年

新入荷のご案内です。

 

トマーティン 18年

 

創業1897年、トマーティン蒸留所はロンドン北西約900km、スコットランドのハイランド地方の主要都市インバネスから25kmほど南に位置しネッシーで有名なネス湖にも程近い人口約500人の小さな村にあります。

 

トマーティンとは村の名であり、ゲール語では「ネズの木が茂る丘」の意味。

標高315mに建つスコットランドモルト蒸留所の中で、最も標高の高い場所にある蒸留所の一つです。

 

最後の二年間をオロロソの空き樽で仕上の熟成をしています。

力強い香り、シェリーの芳醇な香りが続きモルト由来の甘みとシトラスやブラックチョコレートのような複雑な味わいです。

 

香しい香りの中に18年という時の味わいを感じるシングルモルトです。

ニッカ カフェモルト

本日6月10日新発売。

 

ニッカ カフェモルト

 

ニッカウヰスキーが持つ伝統的なカフェ式連続蒸留機で造られたウイスキーです。

カフェ式連続蒸留機で造られるグレーンウイスキーは主にトウモロコシを原料とし、ブレンデットウイスキーとなりますが、今回は大麦麦芽(シングルモルトの原料)で蒸留した新しい味わいの原酒となりました。カフェ式だから感じられるモルトの甘さと芳ばしさが特徴。

 

カフェ式連続蒸留機とは開発者のイーニアス・カフェの名から付けられました。

1830年開発と旧式で蒸留効率は遅いですが、現在主流となる他の連続式蒸留機より蒸留液に原料由来の香りや成分が残ります。

 

麦芽本来の味わいと軽くスムースな口当たり、クリーミーな甘さと爽やかな後味が楽しめます。

 

今夜からティン佃のボトル棚に新登場です。

ロックヒルファームス

またまたバーボン新入荷のご案内です。

 

ロックヒルファームス

 

バァファロートレース蒸留所産のシングルバレルバーボン(数ある樽の中から出来の良い単一樽を他とブレンドせず瓶詰め)フランクフォードにあるロックヒルファームズ社が樽を選び手がけ販売してます。ちなみに同蒸留所産のシングルバレルバーボンにはブラントンもあります。

 

ワシントン・マガジン誌で「世界で最も偉大なるバーボン」と評されたシングルバレルバーボンです。

 

ピュア綺麗な口当たり、飲んだ後に深いコクのある上品で柔らかいバーボンです。アルコール度数50度と高めのしっかりとした味わい。

 

ワンランク上の上質なバーボンをお楽しみください。

ジムビーム デビルズカット

新入荷バーボンのご案内です。

 

ジムビーム デビルズカット

 

樽熟成する際、蒸発によって目減りしてしまう分を「エンジェルズシェア」天使の分け前と呼び、これに対して熟成が終わり樽からウイスキーを出した際、樽に吸収された分を「デビルズカット」悪魔の搾取と言います。

 

その樽に吸収された分を特殊な方法で取り出し、ジムビーム6年物とブレンドしてボトリングされたのがこちら。

 

強いオーク樽の香りと味わいが印象的。バニラのフレーバー持った甘めな口当たり。ロック又はソーダ割りで。

 

悪魔からの「おすそ分け」を是非お試しください。

カリラ 23年 ケイデンヘッド

新入荷のご案内です。

 

カリラ 23年 ケイデンヘッド

 

ケイデンヘッド社は1842年、スコットランド第三の都市アバディーンで創業された最も古いボトラー。

冷却濾過により取り除かれしまうウイスキーの旨味を残す為のノンチルフィルタリングや樽出しの度数をそのまま楽しめるカスクストレングスを考案したボトリングの先駆者です。

 

その最古のボトラー・ケンデンヘッドから新シリーズ。日本向けボトリング「黒ケイデン」そのシリーズの中のカリラです。

 

ピーティさとフルーティーさが絶妙なバランス。香りはレモンをかけたスモークフィッシュ、バニラ、ユーカリなど。

最初の飲み口は穏やかですが徐々にピーティが強く増していき、いつまでも楽しめます。

クライヌリッシュ 1997 16年熟成(ベリーブラザーズ&ラッド)

新入荷のご案内です。

 

クライヌリッシュ 1997 16年熟成(ベリーブラザーズ&ラッド)

 

スコットランドの北東部、北海に面したリゾート地ブローラにあるクライヌリッシュ蒸留所。

最北の地で製造されているハイランドモルトのひとつです。海岸線に位置している影響で、ハイランドの中でもアイランズ的な特徴を持つ蒸留所と言われています。

 

今回はウイスキーのボトラーとしてお馴染みのBBR(ベリーブラザーズ&ラッド)社のものベリーブラザーズ&ラッドは、300年以上にわたり、セント・ジェームス街3番地で営業を続ける英国で最も長い歴史を誇るワイン&スピリッツ商。創業以来300年以上もの間、同じ店舗で営業を続けています。

 

経営はベリー家およびラッド家の子孫たちにより行われ、英国最古のワイン&スピリッツ商として伝統を守りながら、、エリザベス女王陛下とチャールズ皇太子殿下からそれぞれ御用達指定も受けています。

 

アプリコットのような香りとややスパイシーで端正ながら引き締まった口当たり。

この年数ではなかなかない奥行きさと鮮やかな風味。今宵の一杯におすすめです。

アバフェルディ 12年

新入荷のご案内です。

 

アバフェルディ 12年

 

アバフェルディ蒸留所は、ジョン・デュワー・アンド・サンズ社が建てた唯一の蒸留所。

1898年に操業を開始以来、1世紀以上もの間すべてのデュワーズブレンドの根幹となる最高級モルトとして高いクオリティの原酒を製造しています。

 

アバフェルディとは地名でありゲール語で「水の神のプール」を意味しています。

アバフェルディ蒸留所の水源となっているピティリー川の純粋な水のことを指していて、この水は水量が豊富で非常に透き通っているため、

「水の神の祝福」を受けていると言われてます。

アバフェルディモルト特有の透明感と個性、クオリティの高さはこの水の賜物なのです。

 

ヘザーハニーの香り、そしてフルボディの丸みのある味わいが特徴。

後口はドライでエレガント独特のスパイシーさの中にも、ほんのりオレンジピールの風味が漂います。

 

水の神から祝福を受けているアバフェルディ。

神秘的かつ間違いのない味わいを今夜から御案内致します。

ウィレット6年

新入荷のご案内です。

 

ウィレット6年

 

フランスから17世紀アメリカに移住したウィレット家が20世紀に入りブランデーの製法を利用したウイスキーを造り始め、その後一族のランバート・ウィレット氏が1935年に蒸留所を建て1936年から生産を始めたバーボンです。

 

しかし1980年代初頭に環境問題等で生産中止。ケンタッキーバーボンディスティラーズとして残りの原酒と他社からの供給により瓶詰・販売を行っています。

 

2012年には約30年ぶりに蒸留所が再稼働し復活。今後の活躍が期待されています。

 

60.9%と高いアルコールですが、とがった感じではなく、しっかりとした飲み応えがあります。

 

ゆっくりとストレートで舐めるように楽しんでいただきたいバーボンです。

クレメンタイン

新入荷のご案内です。

 

クレメンタイン

 

バーボンの大手ヘブン・ヒル・ディスティラリーズ社の子会社である「カウンティ・ライン・ディスティラリーズ社」がサワーマッシュ方式製法で造るバーボン。

 

サワーマッシュ方式とはバーボンの醗酵方法のひとつでバーボンの味を大きく損なうことになる醗酵中のバクテリアの繁殖とその結果発生する酸を防ぐために、もろみを一度醗酵・蒸留させた後、最初の蒸留時のもろみを25%以上加え、72~96時間かけてもう一度醗酵させる方法。この方式により香り高くまろやかなバーボンに仕上がります。

 

クレメンタインとはゴールドラッシュで沸くアメリカのある町で、美しくも儚く消えていった女性の名前にちなんで名付けられました。

 

このクレメンタイン、バーボンの中でも甘口ですが50.5度と高アルコール。

内側深く焦がした樽で8年の熟成。重厚なボディと芳醇なバニラ香の深い味わい。

 

私も好きなバーボンの一つ。今夜からボトル棚に並びます。

トバモリー ベリーズ・オウン・セレクション

新入荷のご案内です。

 

トバモリー ベリーズ・オウン・セレクション

 

同じ名前の港町から付けられたトバモリーは、マル島にある唯一の蒸留所です。

美しいリゾート地としても有名なアイランズモルト。ベリーズ・オウン・セレクションはバラエティ豊かな自社ボトリング商品です。

 

ふくよかな香り。黄色い果実のあとにミントとデリケートなピート香が感じられます。

味わいには軽やかなバターやトーストの風味があり、余韻は柔らかく軽快な雰囲気。軽いスパイス風味もあります。

 

同蒸留所のレダイクとは対照的なトバモリー。通好みなシングルモルトです。

ハイランドパーク21年

新入荷のご案内です。

 

ハイランドパーク21年 

 

こちらはボトラースものです。

1992年グラスゴーのバーズデンにて創業されたボトラーズ「ザ・クーパーズ・チョイス」現在20カ国にウイスキーを輸出しています。

樽職人の事をクーパーと呼び、ラベルに樽造りの様子が描かれています。

 

ハイランドパーク蒸留所は1798年創業。オークニー諸島のメインランド、世界最北の蒸留所としても知られています。

 

ハチミツやヘザーをともなった心地良いスモークの香り。

味わいはスムーズでスパイスやハニー、ドライフルーツを思わせスモーキーな余韻が続きます。

 

1992年蒸留。46度。

 

今夜からボトル棚に登場します

シーバスリーガル ミズナラ

新入荷のご案内です。

 

シーバスリーガル ミズナラ

 

伝説のマスターブレンダー「コリン・スコット」が日本のためだけに生み出した特別なブレンド。

12年以上熟成された極めて芳醇な最高品質のシングルモルトウイスキーとグレーンウイスキーを特別に厳選しブレンドしました。

さらに最終段階ではそのブレンドの一部を日本原産のミスナラ樽でマリッジ。

 

シーバスリーガルのなめらかで豊潤な味わいにミズナラ樽でマリッジすることで醸し出された、ほのかにスパイシーな風味が加わっています。

シーバスリーガルが特定の国を明確にターゲットにした初めてのウイスキー。

 

オレンジと西洋ナシの甘いフルーティーな香り、バランス良くなめらかで長い余韻。

 

洗練された日本人の味覚に捧げる「シーバスリーガル・ミズナラ」新登場です。

 

トーモア12年

新入荷のご案内です。

 

トーモア12年 

 

スペイサイドモルト。トーモアとは、ゲール語で「大きな丘」創業は1958年。生産開始は1959年で、正式オープンは1960年。

スペイサイドで20世紀に入って初めて建設された蒸留所で、当時大きな注目を集めました。

ラベルに「The Pearl of Speydide」とあるように「スペイサイドの真珠」と呼ばれるほど美しい建物(蒸留所)だそうです。

 

軽やかで甘くて飲みやすいライトボディ。ハーブや花のアロマがあり余韻は長め。バランタイン ロングジョンなどの原酒でもあります。アルコール度数40度。

 

建物や設備は近代的ですが、製法はもちろんスペイサイドの伝統を踏襲しています。

ポットスチルはストレートヘッド型で、当初は初留、再留合わせて4基だったのが、1972年に8基に増設されました。

 

仕込み水はアクボッキー・バーンの水を利用していますが、この小川は蒸留所背後の丘の上にあるロッホ・アン・オー(黄金の湖の意)から流れ出したもので、ピート香をほのかに含んだ軟水の清冽な山の水を使用。

 

この蒸留所は変わっており、敷地内に人口の池を作り、冬季になるとカーリング場となります。

カーリングはゴルフと同じくスコットランドが生んだスポーツで、じつはスペイサイドはカーリングの故郷でもあります。

蒸留所の職人たちの冬の間のレクリエーションで、各蒸留所間の対抗試合も盛んとのこと。

元々は貴族の屋敷でたくさんの美術品を所蔵しており美術展の入場料も収入源に一つとか。

 

今夜からボトル棚に登場します。

ファインティング コック 6年

新入荷バーボンのご紹介です。

 

ファインティング コック 6年

 

その名も闘鶏。

昔のままの男性的なヘビータイプな味わいを守りながら、ケンタッキー州バーンハイム蒸留所に移したヘブンヒル社が造っています。

 

アルコール度数は103フルーフ(51.5度)

 

力強くヘビーに思われますが、主原料のライ麦の代わりに小麦を使っているため温和でシャープな味わいに仕上がってします。

バーボンは一般的にとうもろこし・ライ麦・大麦麦芽が原料ですが、このファインティング コックは、とうもろこしと小麦を使った原酒を選んでおり、コシが強く爽やかにはじける口当たりと骨格のある香りが楽しめます。

 

その名の通り、闘争本能を掻き立てる一杯になるかもしれません。

クラガンモア 1997年

新入荷ウイスキーのご紹介です。

 

クラガンモア 1997年

スペイサイドの代表銘柄の一つ、オールド・パーのメインモルト。

クラガンモア蒸留所はスコットランド内で最も多くの蒸留所が集まる、スペイ川周辺に広がるスペイサイドに1869年に設立。

以来当時と同じ設備・手法によって製造を続けています。

そのクラガンモアから樽を見い出し壜詰めしているのがジェームス・マッカーサー社。

多くの人々に樽出し(カクスストレングス)の良さを紹介しており、とっても信用と評価の高いボトラーズの一つであります。

56.9%のカスクですが、バランスと香りの良さは抜群です。

 

マックミラ

スウェーデン産のウイスキー。

麦芽にピート香をつける際にジュニパーベリー(杜松の実)をピートと一緒に炊き込んだ麦芽を使用。ジュニパーベリーはジンの風味づけとしても有名。バーボン樽とシェリー樽ではじめに熟成をさせた後、スウェーデン産の新樽オークで熟成。

ソフトでリッチな味わいでスパイシー。風変わりなスウェディッシュウイスキーです。

 

刻々と寒さが増す季節、こっくりとしたウイスキー達がさらに美味しく感じることでしょう。

ジョン・ミルロイ セレクション ボウモア21年

新入荷のご案内です。

 

ジョン・ミルロイ セレクション ボウモア21年

 

アイラ島のシングルモルトウイスキー。ボウモアは「大きな岩礁」の意味。

そのボウモア蒸留所で造られた数あるウイスキーの中からジョン・ミルロイ氏がセレクトした21年物。

ジョン・ミルロイ氏はスコッチウイスキーに貢献した人に贈られる「キーパーオフザクエイク」の称号を得ています。ウイスキー業界の重鎮。彼が選ぶウイスキーには定評があり高い評価と信頼が集まります。

 

ピート香に薬や葉の香りが感じられ、スモーキーとペッパーの刺激が、リンゴやトフィーのクリーミーな味わいへと広がり素晴らしい余韻です。

 

1987年蒸留、2009年ボトリングで約21年の熟成。樽はリフィルのホグスヘッド。アルコール度数45%。

続きを読む

エルマー・T・リー

新入荷のご案内です。

 

エルマー・T・リー

 

ケンタッキー州フランクフォートにあるリーズタウン社が造るバーボンです。

エンシェント・エイジ・ディスティラリング社のマスターディスティラーで、ブラントンの生みの親であるエルマー・T・リーの名を冠したシングル・バレル。シングル・バレルとは単一の樽の原酒のみを指します。

 

 

そもそもブラントンの酒名ともなっているアルバートブラントン氏の愛弟子だったエルマー・T・リー氏が師匠の名で造ったのがブラントン。

そしてエルマー・T・リーの弟子達が作ったのがこのエルマー・T・リー。代々師匠の名を酒名にしています。

 

やわらかい飲み口、スムーズな口当たり。アルコール度数45度。

おすすめの飲み方はストレートかソーダ割り。

今夜から登場します。

竹鶴ピュアモルト シェリーウッドフィニッシュ

新入荷ウイスキーのご案内です。

 

竹鶴ピュアモルト シェリーウッドフィニッシュ

 

シェリー樽の個性をより際立たせるために、個々のモルトをヴァッティング(ブレンド)したのちシェリー樽でさらに熟成することで、甘く華やかな香りと芳醇な味わいを深めました。

 

フルーティーで華やか、カシス、メイプルシロップのような甘く深い香りと焼きリンゴのような香ばしさが広がり、シェリー樽の甘い味わいとほろ苦い酸味。なめらかでシルキーな口当たり濃厚さ感じますが、口の中でふわっとエレガントな味わいへと変化していきます。

 

9月25日 数量限定発売の竹鶴ピュアモルト シェリーウッドフィニッシュ。

当店では、この一本のみの入荷となります。お早めに。

白州12年

おすすめウイスキーのご案内です。

 

白州12年

 

1994年に発売。森の蒸溜所「白州」で生まれた酒齢12年以上のモルト原酒を吟味したシングルモルトウイスキー。

 

白州蒸留所は、サントリーウイスキー誕生50周年を記念して山崎蒸溜所に次ぐ同社二つ目の蒸溜所として1973年に設立。

敷地内には国産ミネラルウォーターのひとつ「サントリー天然水 南アルプス」のボトリング工場が併設されています。

 

明るい黄金色、若葉、青りんご、ジャスミンの香り。

甘く柔らかいスモーキーに新緑の香り、爽快な果実香が漂い、フルーティでコクがあり後味はキレがよい。

 

ティン佃では白州10年が常備。

これを機に2年の差を飲み比べていただきたいと思います。

グレンタレット 10年

新入荷のご案内です。

 

グレンタレット 10年

 

ハイランド最古と言われるグレンタレット蒸留所で造られています。

創業は1775年。南ハイランドのパースから西に20キロ、クリーフの郊外にあります。

 

バニラのようなまろやかで口当たり良くライトな香り、ふくよかな甘みのある味わいです。

 

グレンタレットと言えば有名なエピソードが。

蒸留所で保管しているウイスキーの原料の穀物をネスミが食べてしまうのを防ぐ為、「ウイスキーキャット」と呼ばれるネズミ退治の猫がおりました。名をタウザー。

24年の生涯で3万匹近くも捕まえ、世界一ネズミを捕まえた猫としてギネスブックに載りました。

 

今夜から登場します。

猫じゃなくて、グレンタレット10年。

オーヘントッシャン 14年

新入荷のご案内です。

 

オーヘントッシャン 14年

 

ローランドモルトを代表するシングルモルト、オーヘントッシャン蒸留所は、グラスゴーからクライド川に沿って北西へ10キロ、アーカイン橋の北のふもとにある古い蒸留所です。

酒名はゲール語で「野原の片隅」からきたもので、蒸留所の立地を表しています。

ローランド地方は、スコットランドの首都エジンバラや商業の都グラスゴーなどの大都市があり、ウイスキーづくりの面でも先進技術がまっさきに及びました。

 

モルトの蒸留は2回行うのが一般的ですが、ローランド地方の伝統で3回蒸留をしています。

3回蒸留をすることによって、アルコール度数がそれだけで高くなり純粋アルコールに近づいていきます。

ハイランドモルトに比べてクセがなくマイルド。

 

今回はボトラーズものでの入荷です。

シグナトリー社はエジンバラのシミントン兄弟が1980年代に創業。

ボトラーズとしては比較的新しい部類に入りますが、丁寧にセレクトされた樽のみを買い付け、その蒸留所ごとの個性を大切にしボトリングしています。

 

上品な口当たりです、せひ今宵の一杯に。

ニッカ カフェグレーン

新入荷のウイスキーのご案内です。

 

ニッカ カフェグレーン

 

杜の都仙台の奥座敷にあるニッカウイスキー宮城峡蒸留所。

世界でも稀少な「カフェ式連続蒸留機」で造られる味わい深いグレーンウイスキーです。

一般的なグレーンウイスキーに比べ、原料由来の甘さがしっかりと残っているのはカフェ式だからこそ。

 

カフェ式とは1830年頃に発明された連続式蒸留機で開発者の名がつきました。

新型の連続式蒸留機に比べて蒸留効率がよくない半面、穀物由来の香味を残す風味豊かなグレーンウイスキーを生み出すことが特長。

 

グレーンウイスキーとはライ麦・トウモロコシ・小麦などの穀物を原料としたウイスキー。シングルモルトとブレンドされブレンデッドウイスキーの下地となるもの。

 

昨年、日本に先駆け欧州で発売し多くのウイスキーファンを魅了しました。先日、ニッカの新しい味わいとして国内でも発売。

 

ブレンデッドウイスキーのベースとしてだけではもったいない、この奥深い味わいをお愉しみください。

アラン 1996年 シェリーバット

おすすめシングルモルトのご案内です。

 

アラン 1996年 シェリーバット

アイランズモルトの中でも人気のアラン、今回ボトラーズでの入荷です。

 

ハート・ブラザーズ社

長男と三男が今のハート・ブラザースの前身「イアンGハート社」を1962年に設立。

次男はホワイトマッカイでブレンダーとして働き1976年に兄弟の会社へ。

1988年長男の引退とともに社名を現在のものに変更しシングルモルトを主力商品として扱う今のスタイルとなりました。

 

濃い琥珀色。豊かなシェリー、ハチミツの甘い香り。フルボディで力強く味わいはカラメルやレーズンのよう。フィニッシュは長くスパイシー。

 

シェリーカスクの甘い香りと豊潤な味わいがこの上なく素晴らしい。

カリラ 12年

新入荷のご案内です。

 

カリラ 12年

 

久々にアイラウイスキーが入りました。

 

強烈なヨード香、海藻っぽくて力強い。しっかりとしたボディで甘口、オイリーで心地良い塩っぽさが広がります。

フィニッシュは長くパワフル、正統派カリラです。

 

ボトラーズ(瓶詰業者)のリキッドサン社はドイツ南部のリンブルグで2009年に設立。

設立間もない会社ながら熟成年数を経た年代の樽を中心とした良質の保有在庫は素晴らしく定評があり、今後の展開に目が離せない注目のボトラーのひとつです。

 

アイラファンの方に是非お楽しみいただきたい一本です。

グレンカダム 21年

新入荷ウイスキーのご案内です。

 

グレンカダム 21年

 

創業は1825年。

蒸留所はアンガス地方でもっとも古い歴史を持つブレビンの町の中に建てられています。

1150年に建てられた町のシンボルの教会がラベルになっています。

 

「大麦のクリーム」と異名を持つ味わいが特徴で、まろやかなコクも合わせ持つ。もともとブレンデットウイスキーのバランタインのキーモルト。

 

完熟リンゴ、バナナ、トロピカルフルーツのような甘い香り。

しっかりとしたボディでクリーミー。フィニッシュは柔らかく、かすかに刺激的でドライ。

 

ちょっと珍しいモルトです。

ジェントルマン ジャック

新入荷のご案内です。

 

ジェントルマン ジャック

 

ジャック・ダニエル社が手間と時間をかけて造ったテネシーウイスキー。

一般的な製法では蒸留された原酒は樽詰めする前にのみ「ろ過」が行なわれますが、このジェントルマン ジャックの場合樽熟成終了時にも「ろ過」が行なわれます。

 

2度のメロウイングにより、シルキーでソフトな口当たりに変身。

独特のまろやかな風味を醸し出しスムーズ、かつ、やや甘味を感じる豊かな味わいが特徴。

 

ジャックダニエル蒸溜所の伝統のチャコールメロウイングを蒸溜直後と、樽貯蔵を終えて瓶詰めする前と2度繰り返した贅沢なつくりのジャックダニエル。まさに、ジェントルマンの余裕と洗練を想わせるユニークで上質なテネシーウイスキーです。

 

紳士なあなたに是非、ご注文いただきたいウイスキーです。

シーバスリーガル 18年

本日入荷のウイスキーのご案内です。

 

シーバスリーガル 18年

 

1801年、スコットランド、ハイランド地方北部のスペイサイド。その東端の町アバティーンにワイン商と食品製造の会社が誕生します。

1838年にジェームス シーバスが事業に参加。その後、彼の弟ジョンも加わりシーバスブラザーズ社として発展していきます。

 

「高品質のウイスキーをお客様に提供すること」に情熱を注いだシーバス兄弟。

当時、粗野な味だったシングルモルトに代わる、誰でも楽しめ、仲間と飲み交わすのに最適なウイスキーの創業を目指しました。

そうして、シーバス・リーガルは誕生し200年以上経った今も受け継がれているのです。

 

芳香酵な薫りとまろやかさで円熟の極みに達した熟成18年以上の原酒をブレンド、世界150か国以上で愛され続けています。

 

発売後、米国の上流社会を瞬く間に虜にしていったシーバス18年。今夜から。

ジャックダニエル キャンペーン

今夜から始まるキャンペーンのご案内です。

 

ジャックダニエル

 

アメリカ・テネシー州で造られるテネシーウイスキー。

 

基本的にバーボンと材料や蒸留方法や熟成方法の違いは無い。原料のうち51%以上80%未満はトウモロコシを使用、蒸留後のニューポットのアルコール度数は80%以下に制限され、樽を使った熟成も一定期間以上行わなければならないとされている。 

 

上記プラス、生産地がテネシー州に限定。

蒸溜したウイスキーを木桶に詰めたサトウカエデの木炭で、一滴、一滴ろ過するのが、創業以来のテネシー製法。

バニラ、キャラメル等の良い香りとまろやかでバランスのとれた味わいが特長です。

 

今回は、一杯ご注文でクジを引いて、ジャックダニエルオリジナルグッズが当たる!というキャンペーンを開催。

 

知名度、人気ともに高いジャックダニエル。たくさん飲んで、どんどん景品を当ててください。

リトルミル 27年

新入荷ウイスキーのご案内です。

 

リトルミル 27年

 

ローランド地方産のシングルモルト。

創業は1772年。スコットランド最古の蒸留所と言われています。

しかし1994年に閉鎖。今はもう造られていない稀少なウイスキー。

 

色は淡いゴールド。

レモンキャンディのような爽やかな甘さが優しく広がり、フィニッシュは心地良くナッツっぽさが残ります。

 

長期熟成の深い味わいです。

アベラワー10年

おすすめウイスキーのご案内です。

 

アベラワー10年

 

1826年、スペイ川沿いのアベラワーの村に創業。

スペイサイドのほぼ中央、秀峰ベンリネス山(840m)を源とするラワー川沿いに蒸留所は建てられました。

発酵漕はステンレス製が6基。ポットスチルはストレートヘッド型で初溜釜2基、再溜釜2基の合わせて4基。

仕込み用水は、ベンリネス山の麓にある泉から引いています。年間の生産量は250万リットル。

 

熟成には主にシェリー樽を使用。

ちょっとユニークなのは、かつての倉庫主任が熟成庫で眠るウイスキー達に、子守唄がわりにバグパイプを演奏して聞かせていたこと。

これがアベラワーの「隠し味」になっているそうです。

 

ラムレーズンやバニラエッセンスのような濃厚な風味があり、スペイサイド・モルトの佳品として評価も高い。

 

豊かで暖かみのある味わいのアベラワー、是非お楽しみください。

ヴェリーオールドセントニック ウインターライ

おすすめウイスキーのご案内です。

 

ヴェリーオールドセントニック ウインターライ

 

ヴィレット蒸留所の発売するプレミアム・ライ・ウイスキー。

同社が世に送り出すバーボンは、バーボンの故郷といわれるネルソン群パーズタウンを代表する大手蒸留社ヘブン・ヒル社の原酒を使用し、熟成・瓶詰めの作業を3人だけで行い、年2回しか出荷しないという少人数による高品質・少量生産のウイスキーです。

ちなみにバーボンはトウモロコシが51%でバーボンウイスキー表記になり、ライウイスキーはライ麦51%以上で名乗れます。

 

酒名になっている「ウインターライ」とは春に収穫したライ麦を大気が寒冷になり、空気の締まった冬期になって蒸留したことを示しています。

 

ベリーオールドセントニックの名前の由来は、ニックという名のおじいさんが毎年クリスマスが近づくとお手製のバーボンを瓶詰し売っていたという話からきたそうです。飲んだ人が、あまりの美味しさに聖人ニック=セントニックと賞讃したのも由来の一つとか。

 

冬に蒸留したウインター・ライこの冬に飲むにふさわしいウイスキーの一つではないでしょうか。